イラストレーターヒヂリンゴ・聖の
日々つれづれイラスト&photo日記。
どなたでもコメントお気軽にどうぞー♪
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<1年前の夫氏のコト sono6> 5月16日

前回のサイクルで、初日の"点滴による抗がん剤"をしたのは入院中だったので、通いで点滴を受けるのは今回がお初。
10時枠からの診察予定、その前に採血があるので1時間前の9時に病院到着。採血を済ませて待ち、診察に呼ばれたのは11時半。そりゃそうです患者さんが沢山だもの。毎回人で溢れる病院で"2人に1人がガンになる時代"というフレーズを思い出していました。
先生の問診を受けて状態を把握してもらって初めてその日の点滴(抗がん剤)の容量も決まるので、そこから更に1時間以上の点滴準備時間が必要。なので抗がん剤開始は14時からとなりました。
*
点滴は大体3時間。朝9時に始まり点滴終了が17時だったので本当に1日がかりです。会社に通いながら闘病している人はどう折り合いを付けているのだろうと考えたりしながら、また私らのような中年はまだしも、ご高齢になってガンになる方はたくさんいるだろうに、これは本当に体力勝負だなとしみじみ思いました。
*
主人が点滴を受けている3時間の間に、私は前回の入院費用の手続きや保険用の診断書依頼、支払いをしたり、処方箋のお薬をもらいに院外薬局へ行ったりとあちこち回って用を済ませていましたが、ご本人1人で来られている方は点滴後に自分でこれら全てをやるのかな…?吐き気だって出てくる中、そんなの絶対無理だわ…てつくづく思う。。身内がガンになって初めてのことだらけだったけれど、こういう現実もひしひしと実感。


*
何より近所の親身になってくれるお医者さんと違って、担当の先生がとても淡白な対応の方で、主人も「○○ちゃん、やっつけな感じがするな〜(2人の間ではこっそり主治医・担当医をちゃん付けで呼んで居た)」と言っちゃうくらいな感じだったので(もちろん先生も人間、あれだけ沢山のガン患者さんを毎日診続けていては、ある程度淡白にしていないと先生の方が人として参ってしまうだろうと思ったりもしていましたが)、
セカンドオピニオンを受けた方が良いかなーと思いながらも、そうなるとまた1から検査検査で余計な時間や体力精神負担がかかるだろうしなぁ…受けたとしても今よりも良い担当の先生にあたるとは限らないし…と、結局はそんなことをアレコレ考えながら最後までこちらの先生にお世話になってしまった訳です。
治療自体はどこへ行っても同じ治療だろうことは近所の先生にも言われて居たので良いのですが、同じ治療をするにしてもせめてフィーリングの合う先生が良かったな…と。今となっては思うことは沢山あります。本人がそうしよう!と自ら進んで動こうとしてくれるならまだしも、こちらの気持ちだけでしんどい体の人間をあちこち連れまわすのもやっぱり考えるところがあり、。こういう目の前に死をぶらさげられた場に実際に直面し、1つの判断が命とりとも考えると、やはりなかなかサッとの判断で動けるものではありませんでした。
*
いざという時に後悔はなるべくないようにと掲げて、全力でできる限りのことをとしてきたつもりではありましたが、あの時こうしていたら、あぁしてあげれていたら、なんてことはやはりずぅっと尽きなくて、思い悩み後悔することがやまほど、本当に沢山あるのですが、
そんな話をしていたらつい最近出会った方に、「その人を想ってしたことは全て正解だと思うよ」と、すっと言われてすごく、すごく救われました。
*
私もこれから先そういう、人に対する"悔い"を抱えている人に出会った時は、そう言ってあげれたらなと思います。結果が良いから正解なんじゃない。結果はどうであれ、その時本気で思ってしたことは正解なんだと思うよ。って。


病院帰宅後の恒例お薬の仕分け。あまりに薬が大量なので毎度薬袋から取り出して飲むのは分かりづらい為、朝昼晩1回ごと小袋にまとめておりやした。
これは昼の分。ここには抗がん剤は入ってません。頓服もまた別途。本当に大量。

1年前の18日の今日、大好きな近所の駄菓子屋へ。

JUGEMテーマ:闘病記

 
千鳥格子

*
カフェのトイレの千鳥格子の壁紙で、千鳥格子って、ホントに千鳥だー!と初めて実感できて、
わー!って思った
*
次々に飛び立つ千鳥が
素敵なデザイン!
*

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 
父の世界 令和を迎えて

今年の母の日は義母とスラットバンクスの新宿タワレコインストアライブへ。涙涙のライブの後はサイン会にも参加させてもらって、とても温かいイベントでした。義母も良い日だったと喜んでくれて良かった😊色々お気遣い頂いた方々ありがとうございました!
*
そして今日は遅い(実)母の日で夜から実家へ。
帰る早々玄関で目に飛び込んできたものに爆笑。


*
令和!!!(T▽T)
すげぇ達筆なのがさらにじわじわ。
*
さすが我が父。相変わらずのクリエイティビティっぷり健在www
*


後ろに沈んだ戦艦大和。
手前の木は、鳥に見えてきたと、なんか帽子っぽいものを釘で打ち付けてます。THE混沌。眺めれば眺めるほど笑えてきます。


*
居るよね、家の前とかこういうわけ分からんもんで埋め尽くしちゃう名物創作じーさん。近所で話題の…とかなって行かぬよう、ある程度は監視しておきます。
*
*
最後は私が無駄に買ってしまったマリモです。
(´・ω・`)

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 
<1年前の夫氏のコト sono5>

前回の夫氏記事で願った明治神宮の日のような穏やか気持ち良い日はやはり続く訳もなく、、。
以降主人の体調は毎日お腹は痛いし(最近は背中も痛いそう)副作用による下痢便秘の繰り返しでよろしくなく、不安もあってイライラが募って起きがけからプリプリの日も多く。私もその対応になかなかヘトヘトではありましたが、今振り返って考えるとそりゃイライラもしたくなるよな…って本当に思います。最後の最後の方まで痛みの出ないガンも中にはあるようですが、とにかく痛いガン闘病はしんどい。みてるのもしんどい。
*
この頃の主人は鏡をみては、「皮膚がおじいちゃんみたいになってきた気がする(;_;)」と嘆いたり、死後の世界を語るYoutubeなんかをベッドで観ていたり…。ガンが消えるとかいう音の流れるYoutubeを流しながら寝て居たり(同時に爆食レポYoutubeもたくさん観てましたけれど。衰えぬ食欲!!!w つかYoutubeが過ぎる!)ともかく不安で不安で不安で仕方なかったはずだろうけれど、この頃はまだ涙は出していませんでした。この時は私がそうであったうように、夫もどこか私の見えないところでしくしくと泣いていたのだろうか。
*
そんな1サイクル目の抗がん剤を終えて休薬期間に入って(やっぱり休薬期間の方が調子が良い感じ。)数日経った一年前の一昨日12日は久々にとてもごきげんDay。仕事をしている私の後ろで、TV懐メロ特集を見ながらメロディを口ずさむ主人。思わずこっそり録音。。泣ける歌ばっかやんけー!くそー!!!
普通の暮らししてたらね、こんな夫の口ずさみなんて録音しないさね。こんなことさえも貴重だな。残さねば。と思えてしまう心境でございました。
*
泣ける人にしか泣けないおっさんの口ずさみ動画。

JUGEMテーマ:闘病記

 
DEAD WARRIORS

主人が何度となく演っていたRED WARRIORSのコピバン、DEAD WARRIORS (ダイヤモンド✴フユカイ)用のステージ衣装としてその昔作ってあげたアメリカ国旗マント🇺🇸が棚の奥から綺麗にたたまれて出てきた。
*
あげた時は超喜んで早速着けて海老名の夜の駐車場をマントなびかせて走り回ってた。太ったおっさんがデカい国旗マントつけて夜の駐車場走り回るって、不審過ぎて捕まるレベル。それをキャッキャ喜んで眺めてる女も不審者。
*
サテンの布を買ってきてちょきちょき✂縫い縫い(もちろんミシンでやけど)。
*


星の部分が泣けるんですけどw こんなん縁とか縫わずにアイロンで貼るだけで良くね?w


裏から見るとここら辺の処理、何をどうしてるのかサッパ リ。
*
しみじみ眺めるとマジでよく作ったなと過去の私に拍手喝采を送りたい。愛ってスゴイね!(つかお前相当暇だったんだろ)。
なんにせよ今じゃ作れんよw

*

スリムボーイwwwww

これはレッズじゃない時だな確か。

これもレッズじゃなかったかしら。結果何にでも使用。

キチンとたたむ人。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
主人のこと番外編 っつーか私のこと。

人が居なくなるというのは本当に不思議なもので、そしてあっけないとつくづく思う今日この頃です。
私は自宅で、2人きりの状況で主人を亡くしている為(運ばれた病院で一瞬は心肺蘇生してもらいましたけれど)、目の前で息をひきとる、事切れるその姿が今もはっきり目に浮かぶので、本当に本当にその瞬間はつくづくあっけない…嘘のようだなとしみじみ思う訳ですが。。
人は皆生きている限りいずれ誰か大切な人は失うものとは分かって居ながら、出来ることならもう私が知っている人だーれも死なないでくれ〜なんて勝手なことを強く思います。とにかく今は無理!やめて!w(自己中)
*
昔は事故や災害で身内を亡くして、引きこもり、立ち止まっている人、心を壊してしまった人、そんなドキュメンタリーを時々テレビで見るたびに、生きてる人間はやっぱり前に進まなきゃ。なんて心の中で思うような人間でした。
でもそんなに簡単なことじゃないなと、結局経験してみないとその人の気持ちなんて分からないなとつくづく身に沁みて、当時そんなことを思ってしまったテレビの中の人にごめんなさいと思います。寄り添う気持ちが欠けてました。
*
そろそろ泣き止む?とか聞かれることもある私のもとに、もう何十年と長いこと会っていない高校時代の友人から手紙がきまして。(主人を亡くしてからたっくさんの人にお手紙ももらいました。その度にその温かさに心救われました。ありがとうございます。)
その友人が初めて打ち明けてくれた会ってない間の友人の話。私なんぞよりはるかにしんどいその経験故に察してくれる部分があり文章全てが胸にきました。「周りの人に、いつまで落ち込んでいるの?とか、立ち直りなよ。とか強めの励ましを受けても、何年経っても、何十年経っても私がいつでも一緒に泣くからね!」と書いてくれていて号泣。本当にありがたい限りです。
*
私なりに今は、なんやかやと誘い出してくれたり声をかけてくれる、たくさんの心優しい友人や主人繋がりで知り合えた温かい人達のおかげで引きこもらずにはやれていますが、まだまだ自分自身も分からない部分で心はぐらっぐら危ういところで揺れているようで。時々ドシーーーーーーンと主人が全体重で(相変わらず重いw)降りてきて涙がアホほどとまらなくなる日があります。(昨日今日はそれで若干廃人です)
もちろん未だに毎日涙は流れない日はありません。それでも半年経って、急に道端なんかでスッと泣いても、スッと終われる感じの感覚が身についてきて?少しだけその発作コントロールが出来るようになってきたかなと思っていたところ、なんだか昨日は無理でした。そんな時は我慢せず思いっきり泣き浸るようにしてます。(目がのび太3_3になるので次の日予定ない日限定ですがw)
*
色んな歩み方はあるだろうけれど、そんな風にして生きてる人がこれまたわんさかこの世にはいるんだろうなと思いながら。何もかもが虚しいと思ってしまう日もあり、生きている意味なんてのを考え出すと迷宮に落ち込んでしまう気がするので今は考えません。でもまぁ、持ち前の俯瞰力?お笑い力?で笑えているので、なんとかなってるかなと。(あ、でもそんな今も自分不幸だとは思ってませんヨ!うまく言えないけれど、、浸っている訳ではないのです。色々幸せは感じています。)なるべく出かけて笑ってゆこうかねと。ある意味超立ち止まっているとも言える状況ですが、これもきっとなんらかの糧になると信じてBBA頑張るっす!全くとんでもない課題を残して死んでくれたもんだ!予定より10年ははえーぞ!と。(その予定もそもそもだいぶ早いけどw)
*
そんなつれづれ。また長い。

JUGEMテーマ:闘病記

 
香川&高知の旅その2

旅後半は友人と合流して高松&高知へ。
高松は主人の妹家族が数年暮らしていた場所なので、高松に詳しい優しい妹さんナビで栗林公園へ。
想像以上の大きさの日本庭園で見事でした。太陽が出てくると真夏のような暑さになり、ホテルで寝ている間だけ雨で次の日も快晴!と、お天気に恵まれた3日間でした。
*
高知に入ってウマウマな朝獲れカツオを頂きましたので、カツオ好きな父にも現地から送りましたところ、とっても喜んでくれました。生臭さゼロ!お塩で頂くカツオは初めてでしたが本当に美味しかったです。
*
桂浜では6月までの限定で龍馬像に近づけるイベントをやっており、龍馬目線で龍馬を眺めることが出来ました。
ら、「龍馬、太平洋の向こうっていうか、、意外と近場見てんな…」という感想で友人と爆笑しました。
*
四国を訪れたのはもう10年ぶりくらいですが、まだまだ知らない良いところ、美しい場所が沢山あるな〜と思いました。


ニコニコ高松駅

私が丁度居た26日から瀬戸内芸術祭が始まり、あら〜も う数日滞在伸ばせば良かった!と、直島や小豆島へ向かう フェリーを指をくわえて眺めました(実際くわえてたらヤ バいおばさん。やばさん。)

瀬戸内芸術祭の作品のひとつ。こちらは常設のようです。 イチジクのような形をしており、向こう側からは中に入れ てゴォ〜ンと銅鑼が鳴らせます。

香川の有名なお菓子おいり。関東でもあちこちで買えるよ うになりましたね。
おいりソフトと迷ったけどおいりタピオカミルクティーに しました。

紅葉のトンネルは本当に葉っぱが織りなす影がキレイ。

外国人観光客が70パーセントくらいでした。

うまうま塩づけカツオ

桂浜での柚子ソフト。完全に夏の様子。

龍馬ぜよ。近くで観れたぜよ。

割と下方を見ているぜよ。

桂浜ぜよ。

途中見つけた掩体壕(戦時中に的から航空機を攻撃されな いように格納する場所) に興奮。
くり抜かれた形に戦争の面影を感じ、なんとも言えない気 持ちで眺めました。
トラクターとか仕舞われてたけどねw

JUGEMテーマ:日記・一般