イラストレーターヒヂリンゴ・聖の
日々つれづれイラスト&photo日記。
どなたでもコメントお気軽にどうぞー♪
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
1年肉祭りご報告

やーーーーーバタバタ。
イベントに向けて数日、心フワフワ身が入らず後回しにしていた物事が膨大で気付いたら肉祭りから1週間が経とうとしている!!!泣
という言い訳からの、どうもこんにちは。
*
19日ラボ、当日早い時間にも関わらずお越し頂けました皆さんも、行きたいけどー!と涙を飲んでくださった皆さん(そんな人居てくれた?w)も、本当にどうもありがとうございました!
当日もバタバタと駆け回っていて(すぐバタバタするキャパ狭BBA)きちんとご挨拶出来なかった皆様もありがとうございました!
*
いや、あったか〜い1日でしたね。代々木なのにそこは西荻。音楽はタイムマシーン(自説)!感がマジでほんとに、時も場所も変えてしまう音楽の力ってばなんなの。
*
15年ぶりのブランクを大アピールして(本気で15年ぶりにスネアの袋を開きました。サビッサビだったらどうしよう…!!!と思ったけど、なんかそのままだったよ!ありがとうお母さーん!)、どうにか大目に見てもらおうと画策しておりましたが、足はつるし(亜鉛不足)w ハイハットトラブルも自力で解決出来ないドラマーでしたので(誰かー!誰かきてー!)カッコ良いふりすら出来ず笑うしかなく、、ちーん。
でも!メンバー一同、それなりにやりきったよね!それぞれかっこよかったよ!!!と自己満&激しい励まし合いを続けて今日に至ります。
*
立場を気遣ってくださった方もいらっしゃいましたが、そう決めてたのもあって、当日は当時のターニングに返って完全にいちバンドマンとしての感謝の気持ちで最初から最後まで参加させて頂きました(空気読めてない)。
*
そしてやっぱりバンドっていいな。音楽っていいな!ライブハウスっていいな!と改めて思った日でした。
みんなかっこよかったなー!
*
*
一応涙を飲んでくれた方が居たと仮定して、涼たんさんが撮ってくれたライブ動画一部と写真をアップーで感謝!!!
ありがとーーーーーーー!
 
[You tube]
千夏×三澤×ネヲン1
千夏×三澤×ネヲン2
千夏×三澤×ネヲン3

肉祭りということで、寺門ジモンさんのミートソルジャー祭りバージョンTシャツを衣装としました。
 
竹さん1年肉祭り


明日はとうとう"有田健太郎&ハロー松田presents [竹さん1年(肉)祭 LOVE西荻編]" でございやすよ!
西荻に行こうとしている友達が前日となった今日も居てヒヤヒヤしてますが、代々木だよ!!!代々木に来てね!
*
+++++++++++++++++++++
2019/10/19 (土)
“竹さん一年肉祭 LOVE西荻編”
【場所】 LIVE labo YOYOGI(03-5354-3120)
【OPEN/START】 15:00/15:30
【ticket】 ¥2,000+1drink
+++++++++++++++++++++
*
"千夏×三澤×ネヲン"はトップバッターの15:30〜ですので、是非是非オープンの15:00から来てくださーい!
当日決めでも全然入れますんで、あら?全然行く気なかったけど暇だし?なんか気が向いてきたぞ!なんて方も是非!サプライズ参戦待ってるZ!
長丁場ですが、肉販売もあるとかなんとか?(未確定情報…実際無くってお腹減った方は確か真ん中あたりに30分くらい休憩時間があるっぽいので、"おい!全部適当か!、、"そのくらいにコンビニで肉でも買って食べて!)なので、どうぞごゆるりと!
*
仕事が終わらないので今日寝れない気がする。徹夜でドラムとか、マジBBAキツイっす。そんなBBAの健闘具合もどうぞひやかしに来てくださいー!ではー!
*
*

JUGEMテーマ:日記・一般

 
命日を迎えて。

「1年前の夫氏のこと」と題して、1年前の今日に合わせて、主人のがん発覚から亡くなるまでの闘病記をFacebookに限定公開で綴らせて頂いておりました。一応こんな葛藤もしながら→思うこと。

命日の16日を迎え、闘病記も綴り終わりになり、今思うこと。を書かせてもらいました。

*

*
主人が亡くなってからというもの、主人が生前言っていた、そして私も同意をしていた「死んだら"無"だよ」の考え方に非常に悩まされました。それがいいと思っていたのに、死なれてみると無ほど虚しいものはないなと、こちらがいくら何を思っても伝えようとしても、呼びかけても、死んだら無の思想のもとでは、 何一つ伝えることが出来ないのかと。
しばらくは会う人会う人に、死んだらどうなると思う?というそれぞれの死生観を聞いたりしていました。
*
それが数ヶ月経つに連れ、何だかふと気づいたら、死んだら無である考え方が逆に救いに変わっていました。
あの時主人はこんな想いだったかな、しんどかったかな…もっとこうしてあげれていたら良かったな、と、後悔等、想像する度に泣けていた想いが、段々と、もう無なんだから本人は悲しむことも何も全て無しになって、本当になんにも無いんだよと。だから仕方ない、仕方ないというか、何も無いんだから悔やまなくて も大丈夫、本人にだってもう悲しみ苦しみはない、というような、ちょっと説明が難しい前向きな気持ちに変わりました。当たり前ですが、忘れるとか薄れると か区切りとか言うのとは全然違う、何かがストンとハマったようなそんな感じです。
*
そしておそらく私はこの世の誰よりも主人の死を現実的に、1番早く受け入れたと思います。
今も主人を知る人から、まだどこかで生きている気がする、信じられない、という言葉をもらうことが時々ありますが、闘病中誰よりも近くで亡くなるまでの覚 悟も持たされ、亡くなってからも毎日起きる度に主人がいない現実をこれでもかと実感させられ続けてきた私としては、"まだ生きている"に、そうだよね〜と は思えず、もう完全にこの世に主人は居ないし二度と会えないことを自覚しています。
もちろん周りの方の、まだ信じられないという気持ちもすごーく分かります。(それを言われたら嫌だとかいう意味では全然無いので今後も言ってもらって構いません。)突然すっと消えられる方がやはりどう考えても気持ちの整理がつかないはずです。だからとっても分かります。
*
ただ、最近、別の死別者の方のブログにあった、[死んだ人が"生きた"ということや、"今も生きている"と言うのは、"息づいている"と言うことだと思ったら、すっと腑に落ちた。]という内容の記事を読んで、私も凄く心から納得出来ました。
今こうしてこの文を読んでくださっている皆さんが居ることも、偲ぶ会が開催されることも、主人関係で新たに知り合いになれた方々とやりとり出来て居ることも、私と関係ないところで主人の思い出話がなされていたりすることも、全て主人が"今も生きている(息づいている)"ということなんだなと思います。
*
なので私も、子供とかはいないので世代を超えて息づくのは無理かもしれないけれどw、亡くなってからもしばらく誰かの中に息づけるようにこの先も生きれたらいいなぁと思ったりしています。それが生きた、生きるってことなんだろうなぁと。それを考えたら主人の息づき力は凄いなぁと、どれだけの人の中に生きて るんだよと。私も負けられないなぁ!と。
*
私は今は強がりではなく、素直に胸を張って幸せだと言える日々を送らせてもらっているので、どうぞ皆さんご心配なきよう!そして主人が与えてくれた経験や縁を大切に、人一倍笑って過ごしていこうと思います。皆さんも貴重な1日1日を大切に。
*
途中葛藤はありましたが、主人の1年前日記全26記事、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

JUGEMテーマ:闘病記
 
かけがえのない今という時間

昨年途方に暮れながらただただ日々をこなしていた時に出会ったせせらぎさんという方のブログ。
*
http://www.kimitoissyoni.com/archives/20291625.html
*
この方は旦那さんと喧嘩をして、子供を連れて実家に戻っていた最中に、旦那さんが家で1人突然死(病死)してしまったというとんでもない別れ方をしてしまった方。。
*
それこそ後悔具合はハンパないだろうし悔やんでも悔やみきれないことでしょう。境遇も想いもだいぶ違いはあれど、今回のこのブログのここ、とてもグッときました。そして声を大にしてシェアしたい想い。
私も、この想いは強烈に身に染みながら過ごしています。だからこそ、"今"を大切に、尊びながら過ごしていきたいと思います。
*

----------------------------------
*

愛する人がいる人は

その人が

今生きていて

声が聞けることの奇跡を

忘れないでください。

*
大切な人がいる人は

その人と過ごす時間が

永遠ではないことに

気がついてください。

*

かけがえのない日々は
失ってから
その輝きに気づきます。

*
どうか
大切に日々を重ねてください。

*
----------------------------------

*
分かってはいるけれど、なかなかそう想いながら過ごせないと言っている間に時間は刻々と過ぎ、皆、変わって行きます。
どうぞ皆さんも、身の周りの大切な人たち、かけがえのない時間を大切に過ごしてください。

だからと言って喧嘩しない方がいいとかそういう事ではないですけどねw
1日の終わりに感謝出来る相手が居るという事の尊さを感じつつ、それが"当たり前ではない"という事を忘れずに生きていけたらいいなと思うわけです。
*
*

JUGEMテーマ:日記・一般

 
“竹さん一年肉祭 LOVE西荻編”

本日主人の50歳の誕生日でございます。そこで告知!
主人の一周忌(神道なので一年祭と呼びますが)に合わせて、主人が西荻窪ターニングの店長時代に活動していたバンド組が声をあげてくれまして偲ぶ会(LOVE西荻編←どゆこと)開催決定となりました!

+++++++++++++++++++++

2019/10/19 (SAT)
“竹さん一年肉祭 LOVE西荻編”

【場所】 LIVE labo YOYOGI(03-5354-3120)
【OPEN/START】 15:00/15:30
【ticket】 ¥2,000+1drink

【出演】
有田健太郎
ハロー松田と西荻会
Silver Onion
LIBB!HOLLYWOOD
デージー
アトミック山中
ブルボンズ
千夏×三澤×ネヲン
and more…

+++++++++++++++++++++

必然的に…私も(かつてネヲンというバンドでお世話になっていたもので)…14年振りにドラム…叩きやす…

死亡必至(不謹慎)ですがなんとか3ヶ月後…へにょへにょ(ヨボヨボ)とステージあがりますんで良かったら遊びにきてください。

私がまだ元気な頃のネヲンは↓コチラ。懐かしみにどうぞw 力任せのドラムでさーせん。。。
------------------------------------------
https://youtu.be/qjWtImQA5rc
(1.ネロ 2.麒麟 3.枕 4.yes)
https://youtu.be/xIt7UPCNlzI
(1.you 2.白 3.花)
https://youtu.be/TVa6lOa5D3U
(1.麒麟レアver. 2.イト 3.珈琲)
------------------------------------------
※ちなみにメンバーの関係でネヲンはリズム体の参加。千夏氏(ex.FOXY)をボーカルに、三澤氏(ex.ロイファン)をギターに迎え、ネヲンの曲半分、主人のバンド時代の曲半分のコピバンやる予定です

*

*

JUGEMテーマ:日記・一般

 
思うこと。

ここのところ思うことがありまして。
*
私がFacebookにて綴り始めた1年前の夫氏闘病記に関して、さまざまなありがたい、時には泣けちゃうほどの温かい反応も頂いてはいるのですが、当たり前のようにこれから回を重ねるごとに(もちろんそういう主人と私だったので笑い要素ツッコミ要素はあるでしょうが)必然としてここから10月に向けてしんどい話にもなってゆく訳なので。最後が亡くなって終わりになるお話ですからね。
私個人としては亡くなるその日のことまで書くつもりではいたのですが、書き続けるうちに、そこまで書かなくったっていいんじゃない?と思う方が少なからずいるだろうなと。
*
大体そもそも死ぬんだったらTwitterとかいつの間にかアカウントが消えているようなそんな感じがいいかなって入院中に言ってたくらいの主人なのだから。
いやでもそんなことはない、あれは持ち前の外面の強がりカッコつけ素直じゃないだけで(←そこまで言わなくても)、本当はひとりぼっちが大嫌いな寂しがり 屋なんだから(だから連絡を絶っていたバンド関係の方がお見舞いに来てくれた時、たまらず泣いていたじゃない。)って、弱った姿は見せたくなかったろうことは男として確かだろうけれど、でもきっとみんなに想っていてもらいたい人間だろうと、そう、私は思っています。
だから、葬儀もやっぱり家族葬などではなく公にさせて頂きました。それが1番、故人、お世話になった皆様方、遺された家族にとっても最善と思ったからです。付き合いの中で”全く人の気持ちが分からないやつだ!”なんて言われたこともあるので、今もあの世で思っているかも知れませんがw
*
私自身は1年前のことを書いていますが後ろ向きなつもりではなく、性格上なんだか全て(何度となく言ってはいますが全てではなく書いて良かろうジャッジは していますYO!)を残しておかなきゃいけない気がして綴っています。1年経って、10年経って、あの時なんで闘病記なんて書いちゃったんだろう、と思う 日がくるかなとも思います。でも今は、自分自身の為に、書いた方が良いなと思って書いてます。
根底には、亡くなった瞬間、その最期が2人きりだったことで、その瞬間を共有できる人が居ないこと、それが今の私には結構しんどい事なんだと自分で理解しています。だから知って欲しいと思うのかも知れません。
知って欲しい、伝えたい、と思うことは私よがりなことなので、そして本当に思いや考え方は十人十色、受け取り方も様々だと分かってます。
*
結果として、「そこまで書かなくったって…」、という人は読まなきゃいいじゃんって話なんですが、書いて載せている限りそこを無視する訳にもいかないし、 FBという状況的には、主人のことも私のこともだーれも知らない誰かに向けて書いている訳ではなく、明らかに見て頂いている範囲を意識はしながら書いていることになっているので、そうすると流石に主人の話を押し付けてる感じな気もしてきて。そもそも明るい気持ちで1日を迎えたいのに目に飛び込んでくる闘病 記で気が重く…なんて方も居るかも知れないし。
*
だから、ここでやめるべきかなーとかも考えましたが、ひとまず今後の1年前日記は超限定公開にしようかなと思います。
Facebookだと公開範囲をグループ分けで限定出来るので(確か)、もしも今後辛い話になっても超読みたいよ♪って思ってくれるサイコパスな方、主人竹Pのことならどんな風に亡くなったかだって全て知っておきたいんだよー!という、家族ばりに竹愛たっぷりという奇特な方、ハタマタくそ長い文を読むのがそもそも好きなんだよ!っなんていう文字愛好家の方などw 、理由はなんでも構いませんのでこちらの記事にいいねを頂くかメッセージをください。
以後も闘病記公開にさせて頂きます。(なんか、結果的に偉そうだな、なんか、なんかすんません。)
*
でもその方が私も、書けることだけ書いてるよ!とか、みなまで言うなよとか思ってるでしょ!そりゃ分かってるんだけどさー!とかあれこれ毎度言い訳しながら書かなくて済むし。。多分言うけど。。
*
たまたまこちらの記事を見られなかった方もいるでしょうしと思って居るので、特に気遣いいいねとかは大丈夫ですんで是非スルーしてください。

*

 
DEAD WARRIORS

主人が何度となく演っていたRED WARRIORSのコピバン、DEAD WARRIORS (ダイヤモンド✴フユカイ)用のステージ衣装としてその昔作ってあげたアメリカ国旗マント🇺🇸が棚の奥から綺麗にたたまれて出てきた。
*
あげた時は超喜んで早速着けて海老名の夜の駐車場をマントなびかせて走り回ってた。太ったおっさんがデカい国旗マントつけて夜の駐車場走り回るって、不審過ぎて捕まるレベル。それをキャッキャ喜んで眺めてる女も不審者。
*
サテンの布を買ってきてちょきちょき✂縫い縫い(もちろんミシンでやけど)。
*


星の部分が泣けるんですけどw こんなん縁とか縫わずにアイロンで貼るだけで良くね?w


裏から見るとここら辺の処理、何をどうしてるのかサッパ リ。
*
しみじみ眺めるとマジでよく作ったなと過去の私に拍手喝采を送りたい。愛ってスゴイね!(つかお前相当暇だったんだろ)。
なんにせよ今じゃ作れんよw

*

スリムボーイwwwww

これはレッズじゃない時だな確か。

これもレッズじゃなかったかしら。結果何にでも使用。

キチンとたたむ人。
JUGEMテーマ:日記・一般
 
主人のこと番外編 っつーか私のこと。

人が居なくなるというのは本当に不思議なもので、そしてあっけないとつくづく思う今日この頃です。
私は自宅で、2人きりの状況で主人を亡くしている為(運ばれた病院で一瞬は心肺蘇生してもらいましたけれど)、目の前で息をひきとる、事切れるその姿が今もはっきり目に浮かぶので、本当に本当にその瞬間はつくづくあっけない…嘘のようだなとしみじみ思う訳ですが。。
人は皆生きている限りいずれ誰か大切な人は失うものとは分かって居ながら、出来ることならもう私が知っている人だーれも死なないでくれ〜なんて勝手なことを強く思います。とにかく今は無理!やめて!w(自己中)
*
昔は事故や災害で身内を亡くして、引きこもり、立ち止まっている人、心を壊してしまった人、そんなドキュメンタリーを時々テレビで見るたびに、生きてる人間はやっぱり前に進まなきゃ。なんて心の中で思うような人間でした。
でもそんなに簡単なことじゃないなと、結局経験してみないとその人の気持ちなんて分からないなとつくづく身に沁みて、当時そんなことを思ってしまったテレビの中の人にごめんなさいと思います。寄り添う気持ちが欠けてました。
*
そろそろ泣き止む?とか聞かれることもある私のもとに、もう何十年と長いこと会っていない高校時代の友人から手紙がきまして。(主人を亡くしてからたっくさんの人にお手紙ももらいました。その度にその温かさに心救われました。ありがとうございます。)
その友人が初めて打ち明けてくれた会ってない間の友人の話。私なんぞよりはるかにしんどいその経験故に察してくれる部分があり文章全てが胸にきました。「周りの人に、いつまで落ち込んでいるの?とか、立ち直りなよ。とか強めの励ましを受けても、何年経っても、何十年経っても私がいつでも一緒に泣くからね!」と書いてくれていて号泣。本当にありがたい限りです。
*
私なりに今は、なんやかやと誘い出してくれたり声をかけてくれる、たくさんの心優しい友人や主人繋がりで知り合えた温かい人達のおかげで引きこもらずにはやれていますが、まだまだ自分自身も分からない部分で心はぐらっぐら危ういところで揺れているようで。時々ドシーーーーーーンと主人が全体重で(相変わらず重いw)降りてきて涙がアホほどとまらなくなる日があります。(昨日今日はそれで若干廃人です)
もちろん未だに毎日涙は流れない日はありません。それでも半年経って、急に道端なんかでスッと泣いても、スッと終われる感じの感覚が身についてきて?少しだけその発作コントロールが出来るようになってきたかなと思っていたところ、なんだか昨日は無理でした。そんな時は我慢せず思いっきり泣き浸るようにしてます。(目がのび太3_3になるので次の日予定ない日限定ですがw)
*
色んな歩み方はあるだろうけれど、そんな風にして生きてる人がこれまたわんさかこの世にはいるんだろうなと思いながら。何もかもが虚しいと思ってしまう日もあり、生きている意味なんてのを考え出すと迷宮に落ち込んでしまう気がするので今は考えません。でもまぁ、持ち前の俯瞰力?お笑い力?で笑えているので、なんとかなってるかなと。(あ、でもそんな今も自分不幸だとは思ってませんヨ!うまく言えないけれど、、浸っている訳ではないのです。色々幸せは感じています。)なるべく出かけて笑ってゆこうかねと。ある意味超立ち止まっているとも言える状況ですが、これもきっとなんらかの糧になると信じてBBA頑張るっす!全くとんでもない課題を残して死んでくれたもんだ!予定より10年ははえーぞ!と。(その予定もそもそもだいぶ早いけどw)
*
そんなつれづれ。また長い。

JUGEMテーマ:闘病記

 
月命日 半年

もう半年、なのか、まだ半年、なのかよく分からん、、時の流れがよく分からな過ぎる、し、感情も日々、や、毎分レベルでめちゃくちゃだが(嫌だわそんな女w)、とりあえず半年!だコラー!平成コノヤロー!!(もはや誰に向かって)
*
すっかり散っていると思っていた桜がまだ咲いていて時折巻き起こる花吹雪が幻想的でした。


*


霊園脇にある(もはや顔馴染みになり毎度温かいお心遣いをいただく)カフェにて、ありがたくも主人の事に触れてもらっている BURRN!5月号 (THE SLUTBANKS記事 読んでね)を読む、ロックとは生来無縁な元公務員父w シュールだぜ。

JUGEMテーマ:日記・一般

 
NOIZ THE RIPPER

主人がプロデューサー"竹P"として(プロデューサーではありましたが、時にはCDコーラスに参加し、時には一緒にステージに立ち) 全国一緒にツアーで駆け回っていた THE SLUTBANKS の新譜「NOIZ THE RIPPER」が明日4月10日発売となります!

THE SLUT BANKSインタビュー

私は本日フラゲ。


特典CD「死に顔にサクラ花びら」もゲット。泣けます。励まされます。

JUGEMテーマ:日記・一般