イラストレーターヒヂリンゴ・聖の
日々つれづれイラスト&photo日記。
どなたでもコメントお気軽にどうぞー♪
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
日日是好日

友人に誘われ、テアトル新宿にて「日日是好日」を観てきました。"日日是好日"、、"和顔愛語"と共に昔から好きな言葉で、この映画は観ようと思っていながら結局公開期間過ぎてた😭のですが、ロングラン?見逃し上映ありがたし。

感想としては樹木希林さんご本人そのものの存在があってこその映画だったなと思いましたが、
淡々粛々と日々を繰り返し暮らせる事、過ごせることの尊さ素晴らしさ、季節の移ろいに目や耳を傾けられる感覚、丁寧に生きることの大切さなんかについて改めて考えさせられました。
なかなかそれが出来ないことなんですが。。

映画全体に流れるあの静かで穏やかな時の流れがとても今の私にはじんわり心地良かったです。

上映後、プロデューサーさんと監督さんのトークイベント&サイン会があったのですが、監督の大森立嗣さんって麿赤兒さんの息子さん(大森南朋さんのお兄さん)だったんですね。映画に疎く全然知らないままトークイベント参加ですみません😂似てましたわ〜。

映画後、夜から大学のバンドサークルのみんな総勢10名にてビアホール🍺で忘年会、みんなのハグが心に沁みたよんありがと〜〜〜

 
東京蚤の市

今日は友人に誘ってもらい、京王多摩川駅は京王閣(競輪場らしい)にて開催されている東京蚤の市へ行ってきました。
骨董品、暮らしに寄り添う雑貨、手作り作家さんの作品、お花等々、雑貨好きにはたまらない蚤の市でございました。
美味しいものや音楽もあり😌のんびり堪能。

それはそれは大賑わいの会場でしたが、そこまで見づらい程までの混雑や疲労を感じなかったのは会場の規模のデカさのおかげか、はたまた私という人間の器のデカさか…(´・ω・`)は?…ちーん。はい…。

さまざまなワークショップも開催されていて、以前自分のブログでも紹介したことのある中津箒
https://gamp.ameblo.jp/hiziringorin/entry-12198083098.html
のミニ箒を作って参りました。

始まりと仕上げは職人さんがサクサクとしてくれます。


綺麗に出来ていると褒められむふふ。

若い世代の方による、一度は無くなりかけた大切な日本の伝統民芸再生は本当にありがたく、そこに新たな価値も加えるデザイン啓蒙活動、携わる方には敬意と憧れを抱きます。

中津箒は我が生まれ育った地の民芸ということもあり想いも深いですが、日本各地にあるそうした大切な伝統職人の技はずっと無くならずに伝わっていって欲しいなと心から思います。

市の後はのんべんだらりと友人とご飯をしながら語らいえんえんしくしくキャハハと。しばらくはそんなモードでお友達方々にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
いつもどうもありがとーーー!
と言いつつ会ったのが1年ぶりということに驚く。。。


ホクホクの戦利品。

 
鎌倉えびす

毎年恒例年始の鎌倉。今年は珍しく母と。

鎌倉は本覚寺のかわいい"にぎり福"。


昨年家族の健康を祈って買ったのでお礼参りに行ってきました。

愛・健・財・学・福、それぞれの願い文字が書かれ、手づくりで一つとして同じ顔のない握り福。自分の好みのお顔を握りやすさを求めて選ぶのが楽しいです。

本覚寺は恵比寿様が祀られているので、商売繁盛、五穀豊穣を願い、お正月は煌びやか賑やか。めでたい感満載です。

 
巾着田曼珠沙華公園
ここ1ヶ月半くらい色々と重なったこともあり、かなり全速力な感じでひたすらに深夜ラジオをお供にぶっひゃー!と仕事の鬼と化しておりまして、ようやくの一息。
1週間程前に友人から巾着田に行ったよ報告を受けまして。そう言えばずっと行ってみたかったけれど毎度時期を逃し続け、今年も満開は過ぎてきているそうなので状況的に来年かなぁ〜とぼんやり思っておりました。
が仕事も一段落、GoogleMapでふと検索してみるとなんと我が家からほんの1時間で着く事が判明。ちっっっか!ほんの買い物レベルで着くではないか!数年前に開通した圏央道のお陰です。ありがとう圏央道!!!


ということで、一息ついでにぶーんと行って参りました巾着田。
上流のメインエリアはほぼほぼ咲き終わりとのことでしたが、下流の方は満開ちょっと過ぎくらいでまだまだ綺麗♪




入口のおじちゃんにパンフをもらいました。こちらが曼珠沙華公園全貌。

自然に出来たこちらの面白い形のエリア、巾着の様な形なので、巾着田です。実際にこのエリアで散策していてもあまり実感はないのですが、近くにそびえる日和田山に登ると、この形が見渡せるとのこと。

曼珠沙華の色と形は本当に独特な美しさですね。咲き終わりのお花が多い中、つぼみを発見。

この独特な色形から刀等を持ったコスプレイヤーの方たちがちらほら写真撮影をしておりました。なるほど、チューリップ畑やコスモス畑より断然世界観似合ってますものね。しばし眺めていると、シャッターとともに真っ赤なフラッシュがバッ!と光っておりました。おぉ〜なるほど。きっと幻想的な写真になっているに違いない。

最近はインスタ等のSNSの写真を撮るために、お店や観光地を訪れる人が増えていかがなもんか?というニュースを目にしますが、写真を撮るためだとしてもどこかへ足を運ぶ原動力になれば、それはそれで良いんじゃないかなと思います。
目で観て感動が1番とは思いますが、写真を撮っていてもキレイだなと思う気持ちは一緒。

かつて予備校での写真授業の際に、カメラを持って歩くことで、常日頃綺麗な情景や興味深いもの、良い構図を探す眼を持つことが出来る(日々素通りしてしまいそうな事柄も意識して過ごすことが出来るという意)と先生がおしゃっていたのを思い出します。当時はスマホなどは無く、一眼レフをぶらさげてあっちこっち撮影して回っていたものですが、みんなが当たり前の様に綺麗なもの、カワイイものを探して歩く時代になったのですね。
もちろん写真のために花を踏み荒らしたり、食べ物を食べずに捨ててしまったりなんてマナー違反のような人らは問題外ですが。


曇り空だったので、次回は満開快晴の時にでも訪れたいなと。

帰り際辺り歩いて回っているとなかや商店というお店ではちみつを発見。お店のおばあちゃんが自分で採っているのだよとのこと。アカシア、百花(色々な花)などのハチミミツを試食をさせて頂きました。とろとろ美味しいはちみつでしたヨ!

久々に少しだけ喉の違和感があったのですが、このお陰かあっというまに改善。
 
VRzone新宿

先日VRzoneにて、しょっぼい"かめはめ波"を打ってきました。

あ、VRがショボい訳ではなく、私がショボかったということです。
波〜っっっ。
新宿歌舞伎町旧ミラノ座跡地に出来たこちらのVR ZONE SHINJUKU、14日にオープンということで、混み始める前にいざ!という感じでGO。夜には外壁プロジェクションマッピングが見られるそうですが、ひとまずは日中に。
入場券は予約制で時間ごとに人数制限ありで入場のシステム。
入場後は何時間でも滞在して良いので、まぁ、早い時間に入ればそれだけ空いているという感じでしょうか。とは言えそこまで1日中居る方もいないと思うので、大体まんべんない感じの混み具合なのかなと思います。
1つ数分4つのアクティビティを体験出来て4,400円。高いと思うか安いと思うかはあなた次第〜。(私は高いなと思いましたYO…w)
マリオカート
ハネチャリ
かめはめ波
スキーロデオ
を体験しました★
人気のマリオカート等は120分待ちなどあると聞いてビビっていたのですが、入ってすぐにマリオカートへ向かったためか大して待たずに体験出来ました。待っている間実際にVRを体験している方の不思議楽しい様子が見られるので、それも待ち時間が気にならない理由なのかも知れませんが、どのアクティビティも割とすんなりと。という感じ。(まぁ平日昼間でしたし)
体験されている方の様子を見て楽しみながら、同時に私もこんな風に見られるのか〜。。嫌だなぁ…と思っていたのですが、実際にゴーグルをして、イヤホンをすると完全に自分が別世界に行ってしまうので羞恥心や自意識など皆無。
マリオカートでははずかしげも無くバナナをつかみまくり投げまくりました。
1点最初のマリオカートではゴーグルの装着を失敗しピンボケ走行だったので、これからVR体験をされるかたは是非、ゴーグルのピントには重きを!!!(スタッフの方がゴーグルを締めていってくれるのですが、バッチリな所で合図を〜)他3アクティビティはきちんとピントがあっていたので鮮明画像。全然迫力が変わります。
運転は難しかったのですが、ハネチャリが壮快でした♪
初体験のVR、乗り物酔いの激しい私、大丈夫かな〜と思っていましたが、その辺りも全く問題無し!とウキウキ進むも最後のスキーロデオで撃沈。岩等にぶつかる際に酔いに襲われてしまったので、後半はぶつかる〜と思うと同時に目をつぶったりしていたのですが、なかなか酔いました。スキーロデオは注意です。
クライミングを見ながらの昼食〜。
1度は体験したかったVR。デジタルの世界はどこまで進化して行くのでしょうか〜。
なんだかまとまりのない記事になってしまいました。。ちーん。
 
靖国神社 みたままつり 2017

ということで前回記事東京シェア自転車によってびゅんびゅんとやって参りました靖国神社。


靖国神社の大村銅像の目の前に自転車ポートがありました故、すごーく快適に到着。

この日はみたままつり前夜祭。

像の前では盆踊り。外国の方も沢山参加されておりました。

みたままつりは昭和22年に盆の行事にちなんで始まったそうです。戦歿者のみたまを慰める夏まつりで、境内にはご遺族や戦友をはじめ多くの方から納められた沢山の提灯や灯籠が掲げられています。それはもう物凄い数で圧巻でした。




手描きの献灯も沢山納められておりまして、目に留まった短歌。



拝殿で参拝をすませて歩いていると能楽堂では厳かな雰囲気のモダンダンスが。ほわーと眺めていたら何やら大迫力な音が背後から。拝殿横で大迫力の和太鼓が演奏されておりました。

太鼓全般はもちろんですが、和太鼓の音とかけ声が大好きで見入ってしまいました。
Facebookには動画をアップしております。よろしければ〜。

以前は200余りの出店が出ていたそうですが、2015年から治安の悪化やゴミ問題で苦情などが相次ぎ出店禁止になってしまったとのこと。なので境内は元々あるお茶屋さんでしか飲食は販売されておりませんでしたが、それはなんとなく正解かな。と感じる穏やかな空気を感じる良い雰囲気のお盆まつりでした。興味の有る方は是非〜。

第71回みたままつりは7月13日〜16日まで。

 
マッスルモンスター in 相模湖プレジャーフォレスト

神奈川県相模湖プレジャーフォレストというレジャー施設にマッスルモンスターというスリル満点の物凄い筋肉アスレチックが出来るらしい。

ということを3月頃?に記事で目にして、高いところ好きの私としては絶対行くでしょー!と思っていた訳ですが、GW寸前の昨日行って参りました!
ついた頃にはマッスルモンスター下は長蛇の列。列に並ぶと○○:00〜の回、等と予約が出来るとの事で並びまして、いざ17:00〜の回で参戦。
どーんとそびえるモンスター。
本来ならば色々と挑戦している所の写真が撮れたら証拠にもなるのですが、カメラや携帯などもちろん落下する恐れのあるものは全て持ち込み禁止ですので、何一つ写真は無く。
詳細はマッスルモンスターで調べると色々な方が記事にしているのでこちらでは割愛させて頂きます。
ぱっと出て来た方の↑ブログをリンクさせて頂きました。
私が1番挑戦したかった「勇気の1本橋」というアスレチックは、高さ約13mのところに飛び出した鉄柱の先まで歩いていって鐘をならすというものなのですが、地上からは13mなのですがそもそも山の頂上付近にこのアスレチックが作られている為に、このせり出した鉄柱の先端に行くと、山のてっぺんから下を覗いているような感じになります。真下に広がるのはまさに谷!
余裕っしょ!と思ってのですが、若干尻込み。私が尻込みしている間にカンカンカーン!と鐘の音。見ると友人がさっさか渡って笑顔でこちらを向いて鐘を鳴らしているではありませんかw
そんな若干恐怖感覚ぶっ壊れている友人のおかげで無事に私も勇気をだし、鐘をならすことに成功。さすがにハーネスは手放せませんでしたが。。
見るとやるでは大違いですね。
プレジャーフォレストは大きなキャンプ場も併設していて、バーベキューも出来ます!
天気の良い日でとっても気持ちよかったです。
興味のある方は是非挑戦してみてください!
 
春の千葉南房総旅3

日陰側が冷えてて美味しかった苺狩り。本当は4種食べれるハウスでしたが、訪れた日は紅ほっぺと章姫2種デーでした。

 

鴨川シーワールド。


館内4大パフォーマンスが30分刻みで連続しているのでシャチ、アシカ、ベルーガ(白イルカ)、イルカと、次!次!と始まりまして、あっちだー!こっちだー!と。

シャチ

アシカ

白イルカベルーガ

イルカ


時間の都合で大迫力のシャチパフォーマンスからのまわり始めだったため、アシカの和み(しょぼ)感ったらw
それにしても圧巻のシャチパフォーマンス、びっっっしょびしょになります。もちろんカッパを購入しての見物でしたがこれでもかと水面に身体ぶつけーの、水を吹き出し〜のありとあらゆる手段で大量の水をぶっかけてくるシャチに老若男女大騒ぎ。

白イルカベルーガの癒し泡パフォーマンスも必見(輪っか泡、3回中2回失敗してボフッとなっててきゅんきゅん。なんなんだこの生き物はー!)、ダイバーさんがベルーガの頭をボヨンボヨンする様も最高でした。良く嫌がらないな〜ってほど嘘みたいにぼよぼよベコベコぼよぼよベコベコとしまくってましたw

日本で唯一シャチと触れ合える満喫体験コースも4/14より予約出来るそうなのでお子ちゃま達の春のお楽しみにいかがでしょ?
 

夏も良さげですが春の旅にもってこいですね南房総。

 
春の千葉南房総旅2

房総フラワーラインで花めぐり。

菜の花は綺麗に咲いていましたが、さすが房総。神奈川東京で満開かという時期に、既に桜はかなり散ってしまっておりました。こんなにも違うのですね〜。

「ポピーの里館山ファミリーパーク」のポピーは見事でした。が、園内の廃れ感はなかなかw 橋も老朽化で通行止めになっているし、体験工房も廃墟感。。。

おいおい観光ガイド〜!と突っ込みそうになりましたが、観光ガイドに「廃れてます。」なんて書けるわけないですやねw

海を望める白間津花畑では時期を過ぎた畑も多くありましたが、色とりどりの金魚草が綺麗に咲いていました。海とのコラボがまた心地良いです。


ポピー摘み15本300円などなど、ポピーの里でも白間津花畑でも、フラワーラインならでは、お花摘みも至る所で出来ます。

それにしてもこのエリア、3歩歩けば道の駅。と言うほどこれでもかー!と道の駅が出てきます。

道の駅めぐりだけで旅が出来そうなほど。枇杷づくしの「とみうら枇杷倶楽部」等いくつか立ち寄りましたが、道の駅はそれぞれに個性があって楽しいですね。

 
春の千葉南房総旅1

海ほたるからの千葉南房総旅へ行って参りました。

富津市金谷港の磯焼き食べ放題「まるはま」さん。

サザエと白ハマグリ(ホンビノス貝)等食べまくり。牡蠣とサザエははねるので金ザルを被せて焼いてくださいとのこと。乗せて焼いて、返して焼いて、被せて焼いて〜と、慌ただしくしていたら物の見事に火傷しましたw

下調べをした際にどなたかのブログで軍手持参と書いてあったのを目にしたのにすっかり忘れていた〜!失敗!

皆様も行かれる際は是非軍手持参をお勧めします!