イラストレーターヒヂリンゴ・聖の
日々つれづれイラスト&photo日記。
どなたでもコメントお気軽にどうぞー♪
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
<< 2017年大澤農園予約開始日のお知らせ&宮ヶ瀬ダム放流カレー | main | 東京自転車シェアリング >>
ラベンダースティック


打ち合わせに我が町まできてくれたDさんが手土産にと、朝庭で詰んだというステキなラベンダーの花束をた〜んもり!とくださいました。"朝、庭で詰んだラベンダー"なんて、なんというステキな響きじゃよ。。しかもそれをさっと束ねてプレゼントに…だなんて。。こんなステキなセンス、欲しいものです。

ということでステキな出来事にはステキな何かで対応せねば!という使命感によりw、ラベンダースティックを作りました。
じゃ〜ん。
以前母が友人からもらって来たというラベンダースティックがありまして、いつか作りたいなと思っておりましたのです。ようやく夢が叶い満足。

ということで作り方をば。


【材料】
● ラベンダー(長さが同じくらいのもの)13本くらい奇数で
(ラベンダーは乾燥させ過ぎると茎が折れてしまうので、摘んで半日くらいのものを使用)
● 幅5〜10mm程度のリボン150cmくらい
● 糸
● はさみ

ざっくりこんな感じです。

13本くらいのラベンダーをまとめて持ち、花の根元部分で糸を固結び。

その糸を螺旋状に巻いて花の形を整える。(落ちた花も中に詰めたりしても良い)先端まで行ったら、折り返すなどして適当に糸の先端は花の途中に逃がしておく

こんな感じにまとめます。
この作業は省いても作れますが、しておいた方がリボンを編むのが楽です。

リボンを片方30cmくらい残し、固結びした糸の上に結んで花を下に向けて持ち直す。

リボンを結んだ部分を支点に茎を折り曲げる。折り曲げた茎をリボンの下、上、下、上と順に編み込んでゆく。この時片方30cmくらい残しているリボンは花と一緒に茎の中に真っすぐ伸ばしておく。

くるくると花の終わりまで続け、花部分が終わったら編み込んできたリボンと、花と一緒に茎の中を伸ばして来た30cmくらいのリボンと合わせて蝶々結びをし、不揃いな茎の先端を切りそろえて、完成!

いかがでしょう〜。とっても簡単なのに見た目も可愛くて良い香り♪プレゼントにも最適です。

残りのラベンダーも選り分けてドライフラワーにしています♪
Dさん本当にありがとう!
 
スポンサーサイト
 
すごく几帳面に、きれいに並んだリボンが、涼しさをアップしてくれそうですね。

濃いめの赤いリボンも、とても素敵です。
良く見かけるのは、薄めの色のリボンのものが多い気がしたので。

朝摘んだラベンダーがお土産って、ほんとにそんな事あるんですね。わたくしも、羨ましい…です。
kenchikuchan | 2017/07/17 17:43
>kenchikuchanさん
ありがとうございます〜!
濃い目の赤いリボンダとちょっとゴージャスな感じになりますよね〜?
そうなのですー!朝摘んだラベンダーの手土産なんて初めて頂きまして!感動しました!
聖 | 2017/07/18 00:36
COMMENT